咲く様子や香りを楽しむ、日々に余白をくれる花

咲く様子や香りを楽しむ、日々に余白をくれる花

おいしさを追求するMr. CHEESECAKEは、食べることを取り巻く環境もおいしさに繋がると考えています。

空間もまた、おいしさを作ってくれる要素のひとつです。

部屋のインテリアを変えようと思うととてもたいへんですが、今日は花を買って帰ってみてはいかがでしょうか。家に花を飾るだけで空気が瑞々しく変わり、食卓にも彩りが加わります。

この連載では今が旬の花々を、さまざまな花屋さんに伺ってご紹介してゆきます。

神宮前にあるVOICE(ボイス)

外苑前駅・表参道駅ともに歩いて10分とかからない距離にひっそりと佇むフラワーショップ「VOICE」。扉を開けてすぐの空間はギャラリーになっており、オーナーである香内(こうない)さんの審美眼によって陶芸からアクセサリー、絵画に至るまで、さまざまな作家の展示が行われます。

同じ空間の中で、花専用の部屋とギャラリーが分かれているのも特徴的なお店です。

展示がない時は香内さんのコレクションである吉田直嗣さんや野口寛さんなどのフラワーベースを見ることができ、いつ訪れても花とともに心を潤すアートピースと出会えます。

香内さん
「凛としていて格好良い、と感じてもらえる花をセレクトしています。

せっかく来ていただくのですからちょっと珍しい花に出会って欲しいなとも考えていて、変わり咲きのものや香りのあるものなど、新鮮さを感じてもらえる花を揃えるようにもしています」

今回も、3種類の花をご紹介してゆきます。

01 : ハートの形をしたこまかな花が愛らしい、ライラック

香内さん
「ライラックは4月から6月くらいまで楽しめる花で、小さな花が密集して咲くさまが特徴的です。

つぼみが開きはじめると徐々にふっくらと大きくなり、その変化を眺めるのも楽しい。

それに香りがとても豊かで、香水にもなるんです。ライラックにも種類がさまざまあり、今回ご紹介したのは姫ライラック。花が小ぶりで、繊細な雰囲気に惹かれてセレクトしました」

02 : つぼみから大輪へ。色の変化にもドラマがある白い芍薬

香内さん
「つぼみから楽しめ、咲き誇る姿、そして花びらが一枚一枚落ちて散ってゆく様子まで、本当に美しい花だと思います。まっすぐに伸びた茎と大輪との組み合わせからは、凛とした雰囲気を感じますね」

香内さん
「ピンク色などもありますが、白をセレクトすることが多いです。白からは透明感と瑞々しさを感じます。

つぼみの頃は薄いグリーンですが、咲いてゆくほどに純白に変わるんです。その様子もステキだなぁと思います」

03 : ふわりと漂う香りに癒される、すずらん

香内さん
「すずらんは春を告げる花と呼ばれています。香りがとても豊かで、近寄るとふわっと香ってくるんです。

長さがあまりない花なので、小さな花瓶を並べて飾るとステキだと思います」

まるでアートを楽しむように、立ち止まって「感じる時間」を日常に

ただ飾るだけではなく、変化する様子や香りにハッとさせる瞬間は、美しい絵画に静かに胸を打たれるように、日々に癒しをもたらしてくれそうです。

まるでアートのように、非日常のエッセンスをくれる花たちを、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。 

VOICE(ボイス)

〒150-0001東京都渋谷区神宮前3-7-11 JINGUMAE HOUSE 1F
営業時間:水曜日〜日曜日13:00-18:00
定休日:月・火
https://voice-flower.jp/

    MAIL MAGAZINE

    Mr. CHEESECAKEの販売開始や限定商品のお知らせをお届けいたします。

    adブロックによりフォームが表示できませんでした。お手数ですがメールマガジンのご登録はお問い合わせよりお願いいたします。