リフレッシュできる、梅雨シーズンにおすすめのハーブたち

リフレッシュできる、梅雨シーズンにおすすめのハーブたち

こんにちは、Mr. CHEESECAKE JOURNALです。

あっという間に、街中の青葉が眩しい季節となりました。さて、もうすぐ梅雨に突入します。長くつづく雨が原因で外出がしづらく、気分転換がむずかしくなることもしばしば。どうもすっきりしないことも増えるシーズンです。

そんな梅雨だからこそ、家でハーブを楽しむ時間を作ってみてはいかがでしょうか。

じめっとした季節には、ハーブのすっきりとした香りを楽しもう

今回ご紹介するのは、スーパーなどで手に入りやすいローズマリー・レモングラス・ミント。どれも鼻を抜ける爽やかな香りがあり、蒸し蒸しする季節におすすめのハーブです。

ローズマリー

イタリアン料理でお馴染みのローズマリーは、地中海沿岸が原産地のシソ科の植物です。オリーブオイルへの香り付けにもよく使われている、グリーン調の爽やかな香りが特徴的。

ローズマリーには抗酸化作用や血行促進作用、その他にも不安を和らげる効果があると言われており、落ち込んでいるときにもおすすめのハーブです。

集中力や記憶力を高める効果があると言われているため、勉強や仕事のお供にハーブティーとして楽しむのもおすすめです。

レモングラス

レモングラスはその名の通り、レモンのような酸味のある爽やかな香りのするハーブです。タイやベトナムなどの東南アジアの料理によく使われます。

レモングラスもローズマリーと同様に、不安をリフレッシュさせてくれます。そしてこちらも集中力を高めたいときに使えるハーブです。

ミント

実はミントと一言で言っても100を超える種類が存在します。「ミント」とは、シソ科ハッカ属の総称のこと。ユーラシア大陸や北半球の温暖地帯に自生しています。


ツンとした爽快感をもたらす香りが特徴的で、リラックス気分に。

気分を爽やかにしてくれる「ローズマリーレモンティー」レシピ

仕事や家事が煮詰まってしまったり、じめじめとした気候に気が滅入ってしまったり。そんな時にすっきりとさせてくれる、ローズマリーレモンティーの作り方をご紹介します。

材料

・フレッシュなローズマリー
・レモン
・氷
お好みのグラスもご用意くださいね。

ローズマリーレモンティーの作り方

1.ローズマリーを水で軽く洗う
2.茎付きのローズマリーを沸騰したお湯で濃いめに抽出する
3.レモンをカットしておく
4.カットしたレモンと氷が入ったグラスに 2 を注ぎ、一気に冷やしたら完成

ローズマリーとレモンの涼しげな香りを、存分に楽しめるドリンクです。見た目もとっても涼やか。

「コンディションが整わないな」と感じたときは、大好きなおやつとハーブドリンクを用意して、ほっと一息ついてはいかがでしょうか。

香り高いハーブの力を上手に使って、梅雨の季節を乗り切ってくださいね。

※ハーブは種類によってアレルギー反応を起こすものもあります。食物やキク科の植物のアレルギーをお持ちの方やアレルギー体質の方は、お控えいただくことをおすすめいたします。

    MAIL MAGAZINE

    Mr. CHEESECAKEの販売開始や限定商品のお知らせをお届けいたします。

    adブロックによりフォームが表示できませんでした。お手数ですがメールマガジンのご登録はお問い合わせよりお願いいたします。