作り手の想いにふれると好きになる。こだわって集めた日本の器たち

作り手の想いにふれると好きになる。こだわって集めた日本の器たち

おいしいという感覚を紐解いてゆくと、まるでひとつの舞台のように、あらゆるものが豊かに関係してできあがっているのだと気づきます。

香り、色彩、質感、温度、音。私たちMr. CHEESECAKEはチーズケーキを通して、「おいしいと感じる体験」を次の次元にシフトさせることを目指してきました。

そこで今回は「おいしさ」を作る要素のひとつである「器」にフォーカスし、さまざまな方の日々をおいしくしている器をご紹介できたらと思います。

連載の第2回目は、ブランディング ディレクターの行方ひさこさんです。

使ってみないと良さはわからない。自分に合ったものを探して

日頃から仕事とプライベート問わず、日本各地の興味のある作り手の元に自ら赴き、ものづくりの現場を体験しているそうです。

行方さん
「先に作品を好きになることもあれば、作り手を好きになってしまうこともあります。お話を聞いたり作っている現場を目の当たりにしたことで、気持ちが動くことが多いですね。

昔は実際に使うことを考えずに購入していたのですが、見た目が気に入っても、自分に使いこなせるものなのかどうかはわからないという視点を持つようになりました。なので今は、器の良さは日々使い、そして料理を盛り付けてはじめてわかると思っています」

そんな行方さんの毎日に馴染んだ器たちをご紹介します。

「空」や「雪」という色名が愛らしい、磁気の器

行方さん
「YURIやASAGAO、BOTANなどという名称がつけられ、日本古来の花の形になっている磁器の器です。

白だけならどこかにありそうですが、水色やシルバーなどがあり、それぞれ『空』とか『雪』という名称がついています。そういうところもかわいいなと思いますね。

京都にあるKiwakoto(キワコト)というメーカーのもので、さまざまな職人の技術を結集して作られているところも魅力です」

「いつもお菓子とかを載せるのに使っています。シルバーはハレの日に使えそうですね」

絵付けにうっとりする、思い切って買った八角形の器

「この作家さんのものは、唯一これだけ持っているんです」と言って行方さんが見せてくれたのは、形も絵柄も他にはない存在感を放っています。

行方さん

「中東っぽかったり、中国っぽかったり、多国籍な雰囲気がすごく好きで、ずっと気になっている作家さんでした。けれども私の持っている器に合わないかなと思い、何度も個展に通ってはいたのですが、踏み切れずにいたんです。

でもアトリエに伺う機会に恵まれ、思い切って購入しました」

行方さん
「せっかくだから本当に気に入ったものにしようと思い、台付きでさらに八角形という、あまり使ったことのない形のものに。

でも意外となんにでも合うんです。和洋問わずいけますし、余白を楽しむように真ん中にお菓子を置いても素敵です。

こちらは、天平窯の岡晋吾さんの作品。器を見てから何を描くか決めるらしく、アーティスティックな絵付けがとても魅力的です。アートピースのように、少しずつ集めていきたいと思っています」

ご飯とお味噌汁は漆のものを。日常で使う黒い器たち

最後にご紹介するのは、黒い色をした漆の器と、吹きガラスの器。

行方さん

「漆は特に黒が好きです。光沢や蒔絵が美しい素敵なものも沢山ありますが、私は無地でマットなものに惹かれますね。

こちらは、漆工の杉田明彦さんの作品です。古物好きで、独特な艶消しの塗りの世界を展開している杉田さんの作品は、あえて残している磨き跡が特徴的で、他にはないモードな佇まいです。

これらは茶碗と汁物碗として、日々使っています。漆の器は保湿効果があり、中のものが冷えにくいという特性があります。それに熱い汁物を入れても、器が熱くならず、持ちやすいんです」

行方さん

この美しいガラスの器は、スタジオプレパのもの。夏になったら漆と合わせたいなと思い、黒色で揃えました。

丸い形の物もありますが、私はちょっと変形した楕円のものに。食卓が丸ばかりになるよりも、変わった形がある方がリズムが生まれ楽しいなと思います。

フルーツや白和えなどを載せて使っています」

行方さんの毎日を彩っている器をご紹介しました。

色は控えめではありますが、形や味わい、そして人の手が作る深みを感じさせる器が多いように思いました。

「できるだけ工房に伺いたいですね」と語り、背景にある土地や作り手を体験している行方さんだからこそ見える器の見え方が、あるのかもしれません。

    MAIL MAGAZINE

    Mr. CHEESECAKEの販売開始や限定商品のお知らせをお届けいたします。

    adブロックによりフォームが表示できませんでした。お手数ですがメールマガジンのご登録はお問い合わせよりお願いいたします。